今注目の民泊代行業者airbnb|空き家を利用した投資法

模型と女の人

買収を成功させるために

スーツの人達

不動産業者の企業買収を行う際には、押さえておくべきいくつかのポイントがあります。買収に失敗するケースはこのポイントのひとつでも欠けている事が理由になっているケースが多いのです。

もっと詳しく

空き家を利用したビジネス

積み木と紙幣

空き部屋を海外の旅行者に貸し出す民泊ビジネスが普及していますが、これはairbnbを利用して外国人の宿泊施設として解放するというものです。airbnbは外国人の旅行客に民泊のマッチングを行う海外のサービスで、日本では代行業者が通訳などを行っています。そして民泊のための物件を購入する投資活動も人気を集めています。これは一般の賃貸物件としては需要がないような安い物件を購入して、民泊用に貸し出すというものです。airbnbを利用して旅行客に貸すことで、通常の賃貸よりも高い利回りの家賃を得られるのが特徴です。そのために不動産投資としては魅力あるビジネスとして注目されています。airbnbの代行業者もこの投資の支援活動を行っています。

民泊として購入する物件のローン審査を通すのは、実は難しいものです。民泊ビジネス自体がまだ定着していないことに加えて、民泊活動そのものを認められている地域が少ないからです。さらに民泊として貸し出すためには幾つかの条件をクリアする必要があります。例えば連続して何日以上の宿泊が必要と定められているわけですが、外国人観光客はそれほど長期間滞在しないものです。この点をクリアするような工夫をした上で物件保有することができれば、投資活動としてはかなり魅力あるものです。外国人観光客は、通常ならば借り手がつかないような物件でも喜んで借りるからです。ただし、外国人が住みやすいように室内を改装する必要があるので注意は必要です。

賃貸経営の効率化

ウーマン

家賃債務保証のサービスは保証人の肩代わりだけにとどまらず、法的支援や収益性の高い経営など多岐にわたります。この家賃債務保証のサービスを利用する事でオーナーと入居者の双方にメリットがある為に利用者が急速に増えています。

もっと詳しく

代位弁済とは

模型を持つ人

家賃保証では、入居者が万が一家賃を滞納した場合でも、本人の代位弁済として、家賃保証会社が支払ってくれるのです。そのため、大家さんは安定して収入を得ることができます。現在では、賃貸物件を借りる際にも、家賃保証へ入ることが義務である物件が増加しています。

もっと詳しく