代位弁済とは|今注目の民泊代行業者airbnb|空き家を利用した投資法

今注目の民泊代行業者airbnb|空き家を利用した投資法

男の人

代位弁済とは

模型を持つ人

代位弁済とは

家賃保証会社は、契約を結んだ物件の入居者が家賃を滞納したときに、本人に代わって家賃を代位弁済してくれます。この代位弁済の意味とは何かというと、家賃保証会社が、本人に代わって滞納した家賃を大家さんに支払ってくれるということです。この家賃保証は、貸主である大家さんにとってメリットが大きいです。アパートやマンションの大家さんは、入居者からの家賃が収入になります。家賃の滞納があると、大家さんの収入が不安定になります。ですが、この家賃保証会社を利用すると、もしも家賃の滞納があったとしても大家さんは家賃保証会社から家賃を受け取ることができます。このように大家さんにとって、家賃保証は利点が多いので、最近は部屋を借りる場合、家賃保証への加入が必須条件になっている賃貸物件が増えています。

代位弁済されたときは

家賃保証会社は、契約を結んだ物件の住人が家賃を滞納した場合、家賃を代位弁済してくれます。この住人は、保証会社に支払ってもらった家賃を返済しなくてはいけません。また、家賃保証会社に代位弁済してもらうと手数料が発生します。後日、この滞納した家賃と手数料を保証会社へ支払うことになります。手数料の金額は契約した会社によって変わってきます。この一連の流れをまとめると下記のようになります。大家さんが家賃が入金されていないのに気付いて、保証会社へと連絡を入れます。この連絡で家賃の代位弁済を大家さんが保証会社に依頼します。そして、保証会社から大家さんの口座にお金が振り込まれます。この後に、本人に会社側から連絡があり、弁済したお金の督促があります。